トップ

女性の社会進出での問題とは

女性の仕事と育児の事

女性と子育てと仕事の関係

現代は、女性の社会進出が著しい時代となっています。過去には「家」という考えの中に、家長たる夫と、それを支える妻、という構図が一般的であり、そこから外れるような女性は白い目で見られるというような風潮を持った地域もありましたが、近年ではいかにその社会進出を促していくか、ということが国の政策として現れたりしています。この「女の人の社会進出」を考えた時に、欠かせないキーワードが「子育て」と「仕事」です。社会進出とはつまり、仕事をするということが直結するわけですが、キャリアウーマンにとって厄介とも言える問題が、子育てです。「子を育てる」ための休みである育児休暇は、ここ最近になり男性の取得が話題となるなど徐々に男女平等の社会へと移り変わりつつあります。育児を積極的に行う「イクメン」が注目されるなど、女の人の社会進出に伴って、過去には女のものと言われていた子供を育てるということについて、男性が関わっていくということが増えています。しかしながら、育児は男性にもできますが出産はそうはいきません。結局のところ、社会進出をいくら推進したところで産休に入ってしまったら意味がないと、差別的な扱いを受けるなどする「マタニティハラスメント」が、問題となったりもしています。

↑PAGE TOP